logo

ビジネスパーソンの常識力、3人に1人は「自信がない」

鳴海淳義(編集部)2008年05月29日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンク・ヒューマンキャピタルは5月29日、20代〜30代のビジネスパーソンを対象とした常識力に関する調査結果を発表した。

 調査でわかったのは、ビジネスパーソンの3人に1人が自身の常識に自信を持っていないこと。「自信がある」とはっきり回答した人は全体の4.3%で、「割と自信がある」「どちらかと言えば自信がある」を合わせても67.6%に留まった。

常識力自分の常識に自信がありますか?

 常識の不足や間違いで困ったり、失敗したりすることが「よくある」「たまにある」と回答した人は62.0%となり、常識に対する不安を反映する結果となった。常識を求められる場面の中でも特に「目上の人との食事や接待」で困ると感じている人が多い。

常識力あなたは常識の不足や間違いで困ること・失敗することはありますか?
常識力常識が求められる場面で、特に困ることが多いものを1つお選びください。

 さらに、常識の不足や間違いに気づくタイミングとしては「失敗やミスをし たとき」や「上司や同僚から指摘されたとき」など経験に基づくものが上位となったが、3位は「常識を扱ったクイズ番組を見たとき」だった。

常識力どんな時に自分の常識の不足や間違いに気付きますか?

 また、常識を身に付ける手段の1位に「インターネットでの情報収集」、自信がないときの解決法の1位に「インターネットで調べる」がランクインするなど、20代〜30代のビジネスパーソンの間ではインターネットの活用が主流となっていることがうかがえる。

常識力常識を身につけるため実施している事はありますか?

 常識に自信がない分野の1位は「作法マナー」、2位は「日本語の使い方」だった。30代と比較して、20代では「時事ネタ」「最新キーワード」に自信がないと回答している人が10ポイント上回っていた。

常識力常識に自信のない分野をお選びください。

 ちなみに、常識力があると思われる有名人を聞いたところ、1位はタモリ、2位は麻木久仁子、3位は島田紳助という結果になった。

 調査期間は2008年5月24日〜5月25日。調査対象は20代〜30代のビジネスパーソンで、男女400名。

-PR-企画特集