動画配信プラットフォームのブライトコーブ、日本進出--電通らが出資

永井美智子(編集部)2008年05月22日 20時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 動画配信プラットフォーム提供会社の米Brightcoveが、ついに日本に進出する。電通らと共同で日本に会社を設立し、インターネット上で動画を配信したい企業にシステムを提供する。

 新会社「ブライトコーブ」に出資するのは、Brightcove、電通、Jストリーム、トランスコスモス、サイバー・コミュニケーションズ(cci)の5社。ブライトコーブはBrightcoveが開発した動画配信プラットフォーム提供サービスを国内で展開する。

 Brightcoveはインターネット動画配信サービスを展開する際に必要となる動画コンテンツの管理、カスタマイズ可能な再生画面作成、配信、視聴分析などの機能が含まれたプラットフォームを提供している。

 新会社の資本金は5億1577万5555円。出資比率はBrightcoveが63.0%、電通18.0%、Jストリーム14.9%、トランスコスモス3.1%、cci1.0%。設立は6月の予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加