logo

フォトレポート:時代を振り返る--ビンテージPCコレクション(1984〜1989年) - 16/21

文:Bill Detwiler(TechRepublic)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008年05月27日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Commodore 128」と「Commodore 128D」は、驚異の「Commodore Amiga」と同じ1985年に発売された。128Dの外観はAmigaに似てさえいる。

 128は一体型のモデルである。キーボードが内蔵され、オプションで外付けのフロッピードライブがあった。両方の128Dモデルには5.25インチのフロッピードライブが内蔵され、セパレートのキーボードが付属していた。よりプロフェッショナルな設計である。

 128Dにはもともとプラスチックケースと持ち運び用のハンドルの付いた1つのバージョンしかなかったが、米連邦通信委員会(FCC)による電磁波放射の基準を満たすことができず、米国外でのみ販売された。これは1985年のことだった。

 「Commodore 128」と「Commodore 128D」は、驚異の「Commodore Amiga」と同じ1985年に発売された。128Dの外観はAmigaに似てさえいる。

 128は一体型のモデルである。キーボードが内蔵され、オプションで外付けのフロッピードライブがあった。両方の128Dモデルには5.25インチのフロッピードライブが内蔵され、セパレートのキーボードが付属していた。よりプロフェッショナルな設計である。

 128Dにはもともとプラスチックケースと持ち運び用のハンドルの付いた1つのバージョンしかなかったが、米連邦通信委員会(FCC)による電磁波放射の基準を満たすことができず、米国外でのみ販売された。これは1985年のことだった。

提供:Steven Stengel

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]