logo

マイクロソフト、デスクトップ向けの充電式ワイヤレスレーザーマウス2機種3製品

エースラッシュ2008年03月24日 21時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは3月24日、デスクトップ向けの充電式ワイヤレスレーザーマウス2機種3製品を4月11日より発売すると発表した。

 今回発売されるのはデスクトップ向けの充電式ワイヤレスレーザーマウス「Microsoft Wireless Laser Mouse 7000」および「Microsoft Wireless Laser Mouse 6000」の2機種だ。いずれも、疲れにくいエルゴノミクスに基づいた右手専用のデザインを採用しており、快適な使い心地とともに優れたワイヤレス性能と読み取り性能を実現。センサーは毎秒6000回の速度で反射光の連続画像をスキャンするレーザーセンサーで、解像度は1000dpiとなっている。そのほか、カスタマイズが可能な5つのボタン、ソフトウェア機能「Windows Vista フリップ 3D ボタン」および「拡大鏡」、チルトホイールによる水平スクロール機能なども搭載する。

 Wireless Laser Mouse 7000は、専用充電器の上に置くだけで充電ができる上位モデル。バッテリー残量が少なくなると光るインジケータを搭載するほか、マウス底面にある電源スイッチを切ることで無駄な電池消耗を防ぐことができる。電源には単4ニッケル水素電池1本を使用し、5時間の充電で約3週間の駆動が可能だ。一方のWireless Laser Mouse 6000は充電式ではなく、単3アルカリ乾電池2本で駆動。こちらはカラーバリエーションとして通常のシルバーアッシュのほか、日本市場向け特別色のチャコールグレーも用意されている。

 希望小売価格はWireless Laser Mouse 7000が税別7600円、Wireless Laser Mouse 6000が税別5600円となっている。

左から「Laser Mouse 7000」「Laser Mouse 6000」 左から「Laser Mouse 7000」「Laser Mouse 6000」

-PR-企画特集