logo

ヤフーのセメル氏、CEO辞任でヤン氏にバトンタッチ--周囲の反応は

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年06月19日 17時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE 検索大手Yahooの最高経営責任者(CEO)Terry Semel氏は米国時間6月18日、6年間務めた同職を退任し、会社の指揮権を同社の共同設立者Jerry Yang氏に譲った。

 また新社長には、元最高財務責任者(CFO)で、現在は広告部門の責任者を務めるSusan Decker氏が指名された。一方、Semel氏は非常勤の会長職に就任し、今後は経営陣や取締役会の相談役を務める。

 Semel氏はアナリストやマスコミとの電話会議の中で、「(今回の人事は)Yahooにとって正しい決断であり、正しいタイミングだと思っている」と語った。

 今回の人事異動は、紛糾したYahooの株主総会からおよそ1週間後の出来事だ。総会では、低迷する株価や、検索および検索広告の分野でGoogleに対しこれといった対抗策を打ち出せなかった事実に照らし、Semel氏の給与が高すぎるとの批判が株主から上がった。また、取締役会のメンバーも再選はされたものの、支持率はわずかに66%だった。通常は80%、時に90%の支持を得る場合さえあることを考えると、66%はかなり低い数字だ。さらに、Semel氏の給与を同社の業績に連動させる案に全体の34%の株主が賛成票を投じた。

 Decker氏は引き続きAdvertiser & Publisher Groupの責任者を務め、Yahoo! NetworkやConnected Life、海外業務を統括する。また、最高技術責任者(CTO)のFarzad Nazem氏が数週間前に退社して以来、責任者を探していたTechnology Groupは、新CEOのYang氏に直属する。Nazem氏の後任が指名されるまでは、共同設立者のDavid Filo氏が同部門を監督する。

 Semel氏は声明で、「過去1年間はYahooにとって厳しい1年だった。会社の財務実績は、誰一人満足できるものではなかった」とし、さらに次のように続けた。「取締役会のメンバーとの間で私の将来の目標や計画について議論した際、すぐにでも幹部職から退きたいとの希望を彼らに明確に伝えた。その結果、われわれは今こそ新しいリーダーシップの下、会社に活力を与え、会社の全潜在能力を実現させる時だ、との結論に達した」

-PR-企画特集