「gigabeat V」シリーズ2機種5モデルが発売--ワンセグ番組390時間収録可能

エースラッシュ2007年05月28日 22時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は5月28日、ポータブルメディアプレーヤー「gigabeat V」シリーズの新商品として、80Gバイトの大容量ハードディスク(HDD)搭載モデルなど2機種5モデルを6月1日から発売すると発表した。

 今回発売されるのは、80Gバイトの大容量HDDを内蔵した「gigabeat V801」と、40GバイトのHDDを内蔵した「gigabeat V401」の計2機種5モデル。V801では、ワンセグ番組なら約390時間で最大400番組、ビットレート500kbpsの動画なら約339時間、音楽なら約2万曲(WMAまたはMP3で128kbps、1曲4分とした場合)の収録が可能だ。

V401 40GバイトのHDDを内蔵するV401

 さらに、動画を迫力のある映像で視聴できる24ビットフルカラーの高画質4.0型ワイドQVGA TFT液晶、視聴環境に応じて画面の明るさを5段階で自動調整する「明るさセンサー」、音質改善技術「新H2Cテクノロジー」に「Professionalモード」と「Dynamicモード」の追加、オンキヨーと共同開発した小型の高性能ステレオスピーカーシステムなども採用されている。

 ボディーカラーはgigabeat V801がホワイトとブラックの2種類、gigabeat V401がホワイト、ブラック、ボルドーブラウンの3種類。価格はオープン価格となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加