logo

MS、オンライン広告のaQuantiveを買収へ--買収金額は同社史上最大の60億ドル - (page 3)

文:Margaret Kane(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年05月19日 01時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 aQuantiveは傘下企業のAvenue A | Razorfishを通じてデジタルマーケティングサービスを、Atlas事業を通じてデジタルマーケティング技術を提供している。またDRIVEpm事業ではオンライン広告の在庫をまとめて購入し、広告主に対し、ターゲットに応じた再販を行っている。

 aQuantiveのAtlas事業はDoubleClickと直接競合する。またGartnerのアナリストらによると、DRIVEpmは広告ネットワーク企業の中で8位につけているという。

 買収は2007年後半に完了の予定。Microsoftの幹部らは18日に開催したアナリスト向けの電話会議で、aQuantiveの事業について、自社の既存のものと重複する部分が少なく、よい補完関係を築けると述べた。

 今回の買収で特に重要なのは傘下企業であるAvenue A | Razorfishの存在だ。Microsoftは広告サービスビジネスで新しいプレゼンスを確保できるだけでなく、新しいリッチメディアやビデオを配信するためのSilverlightを広めるうえで役に立つと、Gartnerのアナリストらはいう。

 買収金額はMicrosoft史上最大。Microsoftにとってこれまで最大だったのは20億ドル規模の買収だった。

 Microsoftの最高財務責任者(CFO)Chris Liddell氏はアナリストらとの電話会議で「社内で準備するよりも早い成長を促進するのであれば、規模に関係なく、企業を買収する用意がある。これまでの小規模な買収においてもそう考えてきたし、大規模な買収についてもこの考えを貫いている」といった。

 その一方で同氏は、戦略的に大きな意味がなければ買収はしないことも付け加えている。

 「今回の買収で得られる市場機会は非常に大きい」(Liddell氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]