MS、オンライン広告のaQuantiveを買収へ--買収金額は同社史上最大の60億ドル

文:Margaret Kane(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年05月19日 01時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Microsoftは米国時間5月18日、デジタルマーケティング・サービス企業のaQuantiveを60億ドルで買収する計画を発表した。同社はこの買収で、広告分野における存在感を増大させたい意向だ。

 今回の買収金額は同社史上最大。Microsoftはこの買収で、メディアプランニングやビデオオンデマンド、IPTVなどの分野を横断したより高性能な広告製品や技術をサポートすることが可能になると述べる。aQuantiveは、広告主や出版社向けに「Atlas Media Console」や「Drive pm」ツールを提供し、インタラクティブ広告代理店の「Avenue A | Razorfish」を傘下に持っている。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSteve Ballmer氏は声明で、「広告業界は信じられない速度で進化し、成長している。オンラインやIPが割り振られたプラットフォームへの移行が進み、こうした業界のソフトウェアの重要性が格段に高まっている」と述べた。同氏は「本日の発表は、初期投資である『MSN』から『Xbox Live』『Windows Live』『Office Live』を含むより広範なMicrosoftのネットワーク、そしてさらにはインターネットにいたるまで、われわれの広告ネットワークを進化させる次のステップであることを表している」と語った。

 Microsoftは、aQuantive株1株につき66.50ドルを支払う予定。これは、17日の終値35.87ドルに85%のプレミアムがついた価格である。

 今週に入ってから、英国の大手広告会社であるWPP Groupが、24/7 Real Mediaを6億4900万ドルの現金で買収する計画を発表した。24/7 Real Mediaは、Microsoftが買収を検討しているとうわさされていた。4月には、GoogleがDoubleClickを現金31億ドルで買収することに合意したと発表した。Yahooがそれに続き、オンラインディスプレイ広告のリアルタイムな取引所を運営するRight Mediaを約6億8000万ドルで買収することを明らかにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加