フォトレポート:インテルのハーフサイズマザーボード「S3000PT」

CNET News.com Staff2006年09月29日 19時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 IntelとシャーシメーカーEver Case Technologyは米国時間9月26日、サンフランシスコで開催のIntel Developer Forum(IDF)にてブレードサーバを披露した。
 高さ7インチ(約18センチ)のシャーシには、10枚のブレードサーバが格納されている。各サーバには、2007年初めに出荷予定の4コアプロセッサ「Xeon」が1基ずつ搭載されている。ブレードにはIntel製サーバ用マザーボード「S3000PT(開発コード名:Port Townsend)」が利用されており、ファン、電源、ディスクドライブも個別に搭載している。
Scroll Right Scroll Left

 IntelとシャーシメーカーEver Case Technologyは米国時間9月26日、サンフランシスコで開催のIntel Developer Forum(IDF)にてブレードサーバを披露した。

 高さ7インチ(約18センチ)のシャーシには、10枚のブレードサーバが格納されている。各サーバには、2007年初めに出荷予定の4コアプロセッサ「Xeon」が1基ずつ搭載されている。ブレードにはIntel製サーバ用マザーボード「S3000PT(開発コード名:Port Townsend)」が利用されており、ファン、電源、ディスクドライブも個別に搭載している。

 IntelとシャーシメーカーEver Case Technologyは米国時間9月26日、サンフランシスコで開催のIntel Developer Forum(IDF)にてブレードサーバを披露した。
 高さ7インチ(約18センチ)のシャーシには、10枚のブレードサーバが格納されている。各サーバには、2007年初めに出荷予定の4コアプロセッサ「Xeon」が1基ずつ搭載されている。ブレードにはIntel製サーバ用マザーボード「S3000PT(開発コード名:Port Townsend)」が利用されており、ファン、電源、ディスクドライブも個別に搭載している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加