logo

フォトレポート:負傷兵を救出するレスキューロボット - 3/3

CNET News.com Staff2006年09月22日 16時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Vecnaは長期的には、家庭環境での利用に適したロボットデザインも想定している。同社が「HomeBEAR」と呼ぶBEARの家庭用バージョンでは、足の不自由な人が屋内を移動することを助けることができるかもしれない。病院での利用では、例えば、患者をベッドから浴室に運んだり、寝返りの難しい患者を床ずれしないように調節したりする作業が考えられるかもしれない。
Scroll Right Scroll Left

 Vecnaは長期的には、家庭環境での利用に適したロボットデザインも想定している。同社が「HomeBEAR」と呼ぶBEARの家庭用バージョンでは、足の不自由な人が屋内を移動することを助けることができるかもしれない。病院での利用では、例えば、患者をベッドから浴室に運んだり、寝返りの難しい患者を床ずれしないように調節したりする作業が考えられるかもしれない。

提供:Vecna Technologies

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]