logo

フォトレポート:負傷兵を救出するレスキューロボット - 2/3

CNET News.com Staff2006年09月22日 16時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 プロトタイプのBEARは、無線での操縦が必要である。しかし、Vecnaによると、やがてはロボット自身でもっと自律して行動できるようになるという。BEARは脚部がキャタピラになっていて、腰、ひざ、足でバランスを調節することが可能だ。このプロジェクトは、米陸軍の遠隔治療および先端技術研究センターから資金提供を受けている。
Scroll Right Scroll Left

 プロトタイプのBEARは、無線での操縦が必要である。しかし、Vecnaによると、やがてはロボット自身でもっと自律して行動できるようになるという。BEARは脚部がキャタピラになっていて、腰、ひざ、足でバランスを調節することが可能だ。このプロジェクトは、米陸軍の遠隔治療および先端技術研究センターから資金提供を受けている。

提供:Vecna Technologies

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集