東芝、地上デジタル/アナログの同時録画が可能な「Qosmio G30/695LS」を発売

エースラッシュ2006年05月15日 19時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は5月15日、AV機能を重視したノートPC「Qosmio」シリーズとして、小型地上デジタルTVチューナなどを備えた「Qosmio G30/695LS」を、5月19日より発売すると発表した。

 Qosmio G30/695LSは、小型の地上デジタルTVチューナを搭載することにより、ノートPCでもデジタルハイビジョン番組の視聴・録画を実現したAV機能重視モデルだ。地上アナログTVチューナーも装備しており、デジタルとアナログの2番組をHDDへ同時に録画することもできる。ディスプレイには、1440×900ドット表示が可能な17型ワイド液晶を採用。中高音のクリアな音再現と高出力化を実現する「1bitデジタルアンプ」、バスレフ型の大口径「harman/kardonステレオスピーカ」を装備するなど、サウンド環境も充実している。

Qosmio G30/695LS Qosmio G30/695LS

 スペック面では、デュアルコアCPU「インテル Core Duo T2300(1.66GHz)」や1GBのメモリーにより高い処理能力を実現。3Dグラフィックの描画能力に優れた「NVIDIA GeForceTM Go 7600」、長時間番組の録画に適 した200GBの大容量HDD、DVD±R DL書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブ、IEEE802.11a/b/gの無線LANなども特徴だ。そのほか、現在使用しているPCからデータを簡単に移行できるツール「PC引越ナビ Ver2.0」、トラブルの解決方 法や操作ヒントを確認できる「おたすけナビ」などのソフトウェアも備えている。

 なお、価格についてはオープン価格となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加