logo

フォトレポート:2005年のロボット業界を振り返る「国際ロボット展」

永井美智子(編集部)2005年12月03日 00時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 11月30日から12月3日まで、東京ビッグサイトにおいて「2005国際ロボット展」が開催されている。産業用ロボットが中心の展示会だが、今年発表されたサービスロボットも数多く展示されていた。ここではサービスロボットを中心に展示を紹介する。写真はバンダイのホームロボット「BN-17」。センサーやカメラで得た情報を無線LAN(IEEE802.11b)を通じてPCに送り、演算処理をした結果を受け取って行動する。ロボットの行動をユーザーが簡単にプログラミングできるソフト「タスクエディター」も同梱する。2006年発売予定で、価格は10万円以下になる見込みだ。

 
 11月30日から12月3日まで、東京ビッグサイトにおいて「2005国際ロボット展」が開催されている。産業用ロボットが中心の展示会だが、今年発表されたサービスロボットも数多く展示されていた。ここではサービスロボットを中心に展示を紹介する。写真はバンダイのホームロボット「BN-17」。センサーやカメラで得た情報を無線LAN(IEEE802.11b)を通じてPCに送り、演算処理をした結果を受け取って行動する。ロボットの行動をユーザーが簡単にプログラミングできるソフト「タスクエディター」も同梱する。2006年発売予定で、価格は10万円以下になる見込みだ。

   11月30日から12月3日まで、東京ビッグサイトにおいて「2005国際ロボット展」が開催されている。産業用ロボットが中心の展示会だが、今年発表されたサービスロボットも数多く展示されていた。ここではサービスロボットを中心に展示を紹介する。写真はバンダイのホームロボット「BN-17」。センサーやカメラで得た情報を無線LAN(IEEE802.11b)を通じてPCに送り、演算処理をした結果を受け取って行動する。ロボットの行動をユーザーが簡単にプログラミングできるソフト「タスクエディター」も同梱する。2006年発売予定で、価格は10万円以下になる見込みだ。

-PR-企画特集