ヤフー、シンプルながら機能強化した新検索「Yahoo! SEARCH」ベータ版を公開

別井貴志(編集部)2005年06月20日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは6月20日、検索に特化した新サービス「Yahoo! SEARCH(ベータ版)」を公開した。検索ワードを入力する「検索窓」を、通常よりも大きくしたシンプルなインターフェースになっている。

 「ウェブ検索」「Yahoo!登録サイト検索」「Yahoo!画像検索」「Yahoo!音声検索」「Yahoo!動画検索」「Yahoo!商品検索」の各検索機能を1つのサービスに集約し、それぞれをタブで選択する。また、検索ワードと組み合わせて入力されることの多いワードも一緒に表示する「検索関連キーワード」機能も付いた。たとえば、「お中元」で検索すると「お中元 時期」「お中元 マナー」「お中元 バイト」などが表示される。

 このほか、従来は日本語と英語のウェブサイトのみを検索対象としてきたが、対応言語を大幅に増やして、37言語のウェブサイトを検索できるようにした。そして、英語ページに加え、中国語と韓国語のページも、クリック1つで日本語に翻訳して表示可能になった。

 また、Yahoo! JAPAN IDを利用して、検索対象とする言語や、検索結果の表示方法などの設定をカスタマイズできるようになったので、自宅や会社など、異なる場所や端末から利用する場合でも、同じIDでログインすれば同じ条件で検索が可能だ。

 Yahoo! SEARCHは、世界のYahoo!サイトと共通のプラットフォームを採用しているので、米国Yahoo!などで開発された新技術を、これまでよりも早くYahoo! JAPANに導入できることになった。

シンプルなインターフェースになったYahoo! SEARCH

検索したワードと組み合わせて入力されやすいワードが表示される「検索関連キーワード」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加