ヤフーとグーグル提携で検索業界はどうなる?

2010年7月27日 15時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本最大手のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」がGoogleの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用することを発表しました。

 ネットレイティングスの調査によれば、4月の日本の主要検索サービスの利用者総数は5205万人で、このうち4223万人(81.1%)がYahoo検索を利用しているそうです。一方Google検索は2923万人で56.2%でした。

 両社の提携が実現すれば、日本の検索サービスの大部分をGoogleの技術が占めることになります。検索業界はどのような影響を受けるのでしょうか。


  • 手嶋守
    手嶋守さん (株式会社手嶋屋 代表取締役)
    自分がまず思ったのは、あれ、、Bingじゃないの?ということ。でも以前テストした限り、少なくとも日本語のBingはまだまだだという印象でした。検索がこれだけ成熟した段階での決定は、「もうYahooは検索をコアとみなしていないよ」という意志の表れで、Bingの日本語検索が良くなってくれば今度は「Bingにスイッチ」という可能性もあると思います。ただ、今のところは国内の検索はGoogleで独占状態ということになりますね。オープンソースの力を信じる身として、検索を再びフロンティアに変えてくれるプロジェクトが現れることを期待しています。
    2010-07-28 12:32:44
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加