ヤフーとグーグル提携で検索業界はどうなる?

2010年7月27日 15時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本最大手のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」がGoogleの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用することを発表しました。

 ネットレイティングスの調査によれば、4月の日本の主要検索サービスの利用者総数は5205万人で、このうち4223万人(81.1%)がYahoo検索を利用しているそうです。一方Google検索は2923万人で56.2%でした。

 両社の提携が実現すれば、日本の検索サービスの大部分をGoogleの技術が占めることになります。検索業界はどのような影響を受けるのでしょうか。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    あまりユーザーには関係ない話で、ヤフーも「検索サービス」を売っているわけで、「検索エンジン」を売っているわけではないので、グーグルの検索エンジンを使って、ヤフー流にユーザーインターフェイスを工夫したり、サービスそのものやツールの魅力化をはかることができれば、ユーザーにとってはいいことです。そのチューンアップがどうなるかのにほうが重要ではないでしょうか。
    それよりはなぜマイクロソフトが選ばれなかったのかのほうに興味が湧きます。詳しくはブログをお読みください。
    (リンク »)
    2010-07-29 12:54:09
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加