logo

ヤフーとグーグル提携で検索業界はどうなる?

2010年7月27日 15時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本最大手のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」がGoogleの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用することを発表しました。

 ネットレイティングスの調査によれば、4月の日本の主要検索サービスの利用者総数は5205万人で、このうち4223万人(81.1%)がYahoo検索を利用しているそうです。一方Google検索は2923万人で56.2%でした。

 両社の提携が実現すれば、日本の検索サービスの大部分をGoogleの技術が占めることになります。検索業界はどのような影響を受けるのでしょうか。


  • 西山圭
    西山圭さん (アサップネットワーク株式会社 代表取締役)
    ネットのトラフィック全体すら左右しかねない検索エンジンという市場で、合計シェア9割に達する1,2位連合が、独禁法的に認められてしまうというのが驚きです。
    正直なところ疑問を覚えます。
    Googleが良いとか悪いとかではなく、検索エンジンの寡占化により情報の多様性が失われることを懸念します。

    それとは別の話ですが、Y!向けのSEO提供してた業者や、Y!とGで別々に成果報酬を請求してたSEO屋さんとかは困りますよね。まあ、どうでもいいですが。
    2010-07-27 20:43:49
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集