logo

ヤフーとグーグル提携で検索業界はどうなる?

2010年7月27日 15時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本最大手のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」がGoogleの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用することを発表しました。

 ネットレイティングスの調査によれば、4月の日本の主要検索サービスの利用者総数は5205万人で、このうち4223万人(81.1%)がYahoo検索を利用しているそうです。一方Google検索は2923万人で56.2%でした。

 両社の提携が実現すれば、日本の検索サービスの大部分をGoogleの技術が占めることになります。検索業界はどのような影響を受けるのでしょうか。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    あの、Yahoo!さえもグーグルに傾倒したのであれば、皮肉ではなく、(コンシューマー)インターネットはグーグルに任せましょう。というのが正直な実感です。

    しかし、これはあくまでもインターネットへのフロントとリスティングのADネットワークで、これらはグーグルのサーチテクノロジーが極めて大きな影響力を持つでしょうが、ディストネーションサイト(目的とされる情報あるいはサービス)の勢力図は劇的には変わらないと思います。
    2010-07-27 23:34:04
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集