logo

ヤフーとグーグル提携で検索業界はどうなる?

2010年7月27日 15時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本最大手のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」がGoogleの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用することを発表しました。

 ネットレイティングスの調査によれば、4月の日本の主要検索サービスの利用者総数は5205万人で、このうち4223万人(81.1%)がYahoo検索を利用しているそうです。一方Google検索は2923万人で56.2%でした。

 両社の提携が実現すれば、日本の検索サービスの大部分をGoogleの技術が占めることになります。検索業界はどのような影響を受けるのでしょうか。


  • 加藤順彦 / @ykatou
    加藤順彦 / @ykatou さん (ベンチャー起業家を支援&投資する人)
    これでGoogleは検索シェア9割超になりますね。つまりY!Jからすれば、そうなっても「別に構わないよーん」ってことなんでしょうな。

    Y!Jは限界シェアまで辿り着いてる総合ポータル。現収益もオークションとショッピングがメイン。今後もIDとトラフィックがきちんと取れるのであれば、ヤバゲーのように強いところ/より技術があるところと組んでいくという(これまで通りの)合理的でドライな選択なのではないかしら。

    ただ広告会社はますますメディア側から、広告主よりの発想にならないと立ち位置がなくなっていく、と思いますね。
    2010-07-27 17:19:17
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集