iPhone 4と新OS「iOS 4」の魅力とは?

2010年6月8日 23時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleがiPhone 4を発表しました。デザインを一新し、厚さ9.3mmの薄型ボディにステンレスのエッジを組み合わせています。画面は960×640ピクセルで326ppiの解像度を持つ「Retinaディスプレイ」を搭載します。HDビデオ撮影やマルチタスキング、ビデオ通話などにも対応しました。

 iPhone OSは「iOS」へと名称を変更しました。最新の「iOS4」にはビデオ通話、アプリケーション用フォルダ、iBooks、企業向け統合機能、iAdなどの新機能があります。

 ハードウェア、ソフトウェアともにバージョンアップしていますが、それらのなかで特に注目すべき点はどこでしょうか。パネリストの皆さんのご意見をお聞かせください。


  • 奥木博一
    奥木博一さん (パーク24株式会社 業務推進本部 技術開発部 マネージャー)
    今回の iPhone 4、ハードウェア的には「進歩」であって「革新」ではありません。例えばカメラやディスプレイの解像度の向上やデザインのブラッシュアップなど。しかしこれは商業的には大正解で、これによって iPhone 4 のセールスは約束されたようなものだと思います。

    注目すべき点、それは「OS のネーミング」です。「iPhone OS」は「iOS」と命名し直されました。この名前は「今後の Apple の主力 OS はこれだ」というメッセージです。すなわち Apple は今後 iPhone、iPad を自社の主力商品として位置づけ、マッキントッシュは脇に追いやるということを決断したということを意味します。

    ハードウェアキーボード付きの伝統的なコンピューターでの戦いは避け「Blue Ocean」に舵を切ったのでしょう。このOSのネーミングから、極めて経営判断的なメッセージを感じ取ることができます。
    2010-06-10 08:55:01
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加