logo

iPhone 4と新OS「iOS 4」の魅力とは?

2010年6月8日 23時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleがiPhone 4を発表しました。デザインを一新し、厚さ9.3mmの薄型ボディにステンレスのエッジを組み合わせています。画面は960×640ピクセルで326ppiの解像度を持つ「Retinaディスプレイ」を搭載します。HDビデオ撮影やマルチタスキング、ビデオ通話などにも対応しました。

 iPhone OSは「iOS」へと名称を変更しました。最新の「iOS4」にはビデオ通話、アプリケーション用フォルダ、iBooks、企業向け統合機能、iAdなどの新機能があります。

 ハードウェア、ソフトウェアともにバージョンアップしていますが、それらのなかで特に注目すべき点はどこでしょうか。パネリストの皆さんのご意見をお聞かせください。


  • 手嶋守
    手嶋守さん (株式会社手嶋屋 代表取締役)
    欲しい!

    でも今持っている3GSの2年縛りがまだ残っているし、iPhone4Sなんてのが半年後にでてくるんじゃないかと悩んでいます。※でもソフトバンクさん、iPhone4なるべく安くしてね。

    JobsがiPhoneを最初にリリースしたとき、「他社より5年進んでいる」という言葉が印象的でした。
    最近はApple以外からも続々とスマートフォンが発売され、端末のスペックだけなら追いつかれた感がありましたが、ここでまた2年ぐらい突き放したんじゃないかという印象です。

    特にiMovieがすごかった。動画って機械もソフトも持ってはいるけど結局使わないことがほとんど。でもこれなら普段使いできそう。昔組み込みシステムをやってたので、動画編集を携帯の中でやることがどれだけすごいかというのが余計に分かります。
    これはすごいよ。

    iPhoneは仕事メール+Twitter+ゲーム という使い方をしていましたが、動画が確実に加わります。
    iMovie for iPhone 早く試してみたい。
    2010-06-09 13:40:03
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集