iPhone 4と新OS「iOS 4」の魅力とは?

2010年6月8日 23時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleがiPhone 4を発表しました。デザインを一新し、厚さ9.3mmの薄型ボディにステンレスのエッジを組み合わせています。画面は960×640ピクセルで326ppiの解像度を持つ「Retinaディスプレイ」を搭載します。HDビデオ撮影やマルチタスキング、ビデオ通話などにも対応しました。

 iPhone OSは「iOS」へと名称を変更しました。最新の「iOS4」にはビデオ通話、アプリケーション用フォルダ、iBooks、企業向け統合機能、iAdなどの新機能があります。

 ハードウェア、ソフトウェアともにバージョンアップしていますが、それらのなかで特に注目すべき点はどこでしょうか。パネリストの皆さんのご意見をお聞かせください。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    今回発表されたiPhone 4/iOS 4の多くの機能はハードウェア、ソフトウェア共に僕の期待を超えていました。Android 2.2の発表で機能、性能共にキャッチアップされたiPhoneですが、今回のiPhone 4/iOS 4で追いかけてくるAndroidをさらに引き離した印象です。

    また、iPadにもiPhone OSが搭載された事で、iPhone OSからiOSへの名称変更は、自然な流れだと感じます。

    僕が今回のiPhone 4で最も注目するのは性能とデザインです。まだ実機を手に取っていないので想像の域を超えませんが、今回のiPhone 4はAppleが初めてデザインより機能(性能)を重視した印象を受けました。詳しくはZDNetブログ( (リンク ») )にエントリーしています。
    2010-06-08 23:49:26
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加