logo

mixi、モバゲー、iPhone--アプリを提供するならどこ?

2009年10月6日 17時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィが8月末にSNS内アプリを開放し、「mixiアプリ」として提供しました。1カ月で100万人近くのユーザーを獲得したアプリも生まれており、好調なスタートを切っています。DeNAのモバゲータウンも2010年初頭からアプリをオープン化する予定で、現在パートナーを募集しているところです。mixi、モバゲーともに、モバイルSNSでのプラットフォームを充実させた後には世界進出を視野に入れているようです。

 その一方で、iPhone向けアプリも着々とアプリの仕組み、課金システムなどを整備しつつあり、日本でも続々とゲーム会社が参入を表明しています。さらにAdobeのFlashアプリをiPhoneのネイティブアプリに変更可能な開発者向けツールも発表されました。

 モバイルSNS、iPhone、ウェブアプリ。いまなんらかのアプリケーションを提供するなら、どこのプラットフォームが有望でしょうか。パネリストの皆さんの意見をお聞かせください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    江島さんにかなり近いと思いますけど、もう一つ視点として「出口」から考える必要があるんじゃないかなと。

    たとえば米国の人たちに使ってもらいたいのにmixiを選ぶというのはありえないでしょう。あるいは青少年に安全に使ってもらいたいのに、モバゲーでホントに大丈夫なの?とか。

    つまり、誰に使ってもらえると、みんなにとって+自分にとってハッピーなのか、を考えた上で、それに適したプラットフォームを選ぶということです。

    もちろん私たちは神ではないので、そのアプリケーションがどんなふうに成長していくのかを正確に見通すことはできません。それでも、絶えずそれを構想したり軌道修正するのは、作り手としての義務なんじゃないかと思います。

    そしてこれは別にこれはアプリ開発に限ったことではなく、大体どんな仕事でもそうなんじゃないかと。
    2009-10-11 08:44:27
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集