logo

Twitterはビジネスプラットフォームになるか

2009年9月3日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 140文字で「今、何をしているか」をつぶやきあうコミュニケーションサービス「Twitter」への注目度が高まっています。Twitterは2007年に米国でスタートしましたが、ここにきて芸能人や作家、政治家など利用者の裾野が日本でも広がり、企業のマーケティング活動などにも使われ始めています。

 自社コンテンツへ誘導したり、プレスリリースなどを流したり、カスタマーサポートに利用したりと企業によるTwitter利用の形はさまざまです。Twitter側も企業をサポートする有料プランの準備を進めています。

 Twitterはマーケティングプラットフォームとして定着するのでしょうか。それとも一時期のSecond Lifeのようにバブルで終わってしまうのでしょうか。パネリストの皆さんの意見をお聞かせください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 江島健太郎
    江島健太郎さん (エンジニア、アントレプレナー)
    アメリカだと、セレブな個人が使ってるどうこうっていうフェーズは過ぎてて、今じゃ大手携帯キャリアや大手ファーストフードチェーンのテレビ広告の中にも「Follow us on Twitter」って普通に入ってたりしますね。日本での「〜で検索」みたいな感じ?ニュース番組でもネットワーク局の公式Twitterアカウントがちょこちょこ告知されていたりします。あと、「Comcastの回線遅いぞー」と文句をつぶやくと、カスタマーサポートのひとが実名で「どうかしましたか?」と話しかけてきてくれたり。

    実際に使ってるユーザの数とハマり度を掛け算すると、もうとっくにクリティカルマス超えてると思います。

    ただ、ネットワーク効果の強いサービスは何でもそうですけど、身近な友達が参加してないと面白さがわからないので、世代を超えて普及するのは時間がかかるでしょうね。Twitterは、忙しい現代人向きのサービスというか、オンラインゲームとかにダラダラorどっぷりはまる時間のない、20代の後半〜40代ぐらいの層がぴったりはまると思うので、そういう特性を理解することは何かの役に立つかも知れません。
    2009-09-04 03:39:38

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]