logo

Twitterはビジネスプラットフォームになるか

2009年9月3日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 140文字で「今、何をしているか」をつぶやきあうコミュニケーションサービス「Twitter」への注目度が高まっています。Twitterは2007年に米国でスタートしましたが、ここにきて芸能人や作家、政治家など利用者の裾野が日本でも広がり、企業のマーケティング活動などにも使われ始めています。

 自社コンテンツへ誘導したり、プレスリリースなどを流したり、カスタマーサポートに利用したりと企業によるTwitter利用の形はさまざまです。Twitter側も企業をサポートする有料プランの準備を進めています。

 Twitterはマーケティングプラットフォームとして定着するのでしょうか。それとも一時期のSecond Lifeのようにバブルで終わってしまうのでしょうか。パネリストの皆さんの意見をお聞かせください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 秋元裕樹
    秋元裕樹さん (職業ブロガー、他)
    「ビジネス」を抜いた「プラットフォーム」になれるかどうかも、日本語では特にまだわからないと思います。

    インターネットメールやソーシャルネットワークのように、あるいはそれらからユーザーを奪う形で今後も勢いを保って普及するのであれば、ビジネスにもマーケティングにも使い方を見つける人たちが出てくるでしょう。

    結局のところ日本でも一般へ普及するかどうかが先かなと思うので、企業としては短くてわかりやすい自社名や自ブランド名のアカウントをちゃんと取っておく、ぐらいで今はいいのではないでしょうか。
    2009-09-03 22:50:17

-PR-企画特集