ネットサービス、閉鎖の作法とは?

2009年4月28日 20時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータがブログサービス「Doblog」を5月30日をもって終了します。サービス終了の理由は、ブログシステムの技術的知見、コミュニティサービス運営のノウハウを蓄積できたから、だそうです。

 インターネットサービスには企業側の事情によって、実験的サービス、ベータサービスと銘打たれたものが多くあります。一方でユーザーが情報発信の重要な担い手として活躍する時代でもあります。ブログ、ソーシャルネットワーキングサービスなどに代表されるネットメディアは、ユーザーの生み出すコンテンツなくして成り立ちません。

 ネットサービスを閉じるときに企業はどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。パネリストの皆さんの考える「ネットサービス閉鎖の作法」について、ご意見を聞かせてください。読者の皆様からのコメントもお待ちしています。


  • 楠正憲
    楠正憲さん (ブロガー・国際大学GLOCOM 客員研究員)
    今回の対応についてブログに書きました。
    (リンク »)
    UGCサービスでは利用者の情報資産をお預かりしているので、
    - 可能であれば事業譲渡など閉鎖以外の路を探すこと、
    - リダイレクト等リンク切れを起こさない措置を取ること、
    - 他社を含む存続サービスへのデータ移行を支援すること、
    - アナウンスから実際の閉鎖まで十分な時間を取ること、
    等の対応が望ましいのではないでしょうか。
    アナウンスの文言も利用者感情に配慮し、広報の観点からも慎重に言葉を選んだ方がいいでしょう。
    2009-04-29 07:51:14
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加