logo

動画ビジネスの今後はいかに

2008年10月17日 21時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeやニコニコ動画などのブレイクで、インターネットにおける動画コンテンツが一般に楽しまれるようになってきました。さらに、モバイル機器や家庭のテレビからインターネット動画を閲覧する環境も整いつつあります。関連事業としても、動画コンテンツをユーザーに届けるために、検索、インフラ、解析など、さまざまなレイヤーでサービスが生まれています。

 一方で、将来のビジネスチャンスはどうでしょうか。どのようにインターネット動画を自社のビジネスで扱っていけばよいのか、事業収益に結びつけビジネス化させればいいのか、まだまだ成功の道筋が定まっていない状況にも見えます。パネリストの皆さんは動画ビジネスの今後をどう考えているでしょうか。ご意見を聞かせてください。


  • 松永 エリック・匡史
    松永 エリック・匡史さん (メディア戦略コンサルタント)
    今のままの動画コンテンツではビジネスになならないでしょうね。というか飽きてしまうでしょう。僕はすでに飽きてます。もちろん、お金を払う気にはなれません。

    動画ビジネスのキモはビジネスモデルではなく、まずはコンテンツそのものでしょう。映画ビジネスを語るときに一番大事なのはまず面白い映画があるのと同じ。

    議論の矛先を変えてコンテンツ主導に導かないと、ほんとつまんないものになりそうで怖いです。意外とBD-LIVEから面白いものが出てくるんじゃないかと期待しているのですが!
    2008-10-20 20:02:59
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集