logo

動画ビジネスの今後はいかに

2008年10月17日 21時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeやニコニコ動画などのブレイクで、インターネットにおける動画コンテンツが一般に楽しまれるようになってきました。さらに、モバイル機器や家庭のテレビからインターネット動画を閲覧する環境も整いつつあります。関連事業としても、動画コンテンツをユーザーに届けるために、検索、インフラ、解析など、さまざまなレイヤーでサービスが生まれています。

 一方で、将来のビジネスチャンスはどうでしょうか。どのようにインターネット動画を自社のビジネスで扱っていけばよいのか、事業収益に結びつけビジネス化させればいいのか、まだまだ成功の道筋が定まっていない状況にも見えます。パネリストの皆さんは動画ビジネスの今後をどう考えているでしょうか。ご意見を聞かせてください。


  • 西山圭
    西山圭さん (アサップネットワーク株式会社 代表取締役)
    全面的な採算ベースに乗せるにはまだ時期尚早。

    現在のIPv4インターネットや3G携帯電話網は、
    動画配信を事業化するには、まだインフラコストが高すぎます。

    ただ、こうした新世代のサービスは
    一旦採算に乗ればあとはものすごい儲かりますし
    儲かるとわかったあとに乗り込んでも手遅れです。

    1990年代のVDOなど、ビジネス化の前に滅んだ企業も数知れずあります。まだまだ山師の世界。

    しかし、いよいよIPv6バックボーンが本格化する2010-2011年頃には、動画ビジネスのビッグプレーヤーが出現するかもしれません。
    2008-10-20 14:03:06
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集