ゲイツ引退、本当の功績とは?

2008年6月30日 16時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft常任会長 Bill Gates氏が6月27日に退任しました。すでに2000年1月にはCEOをSteven Ballmer氏に譲っており、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団での慈善活動に重心を移していましたが、今後はフルタイムの業務から完全に引退するそうです。

 Microsoftの設立、Windowsの開発などは、Gates氏の功績としてあまりに有名ですが、同氏がIT業界に与えた影響の本質とは何でしょうか。パネリストのみなさんのご意見を聞かせてください。


  • 湯川鶴章
    湯川鶴章さん (TechWave編集長)
    一言で言えばパソコンの時代を築き上げた、ということに尽きるだろう。「大型コンピューターの時代」はIBMが覇権を握り、「パソコンの時代」はビル・ゲイツ率いるマイクロソフトが覇権を握った。そして今は「インターネットの時代」。覇権を握るのはグーグルだという見方もあるけれど、もう1社が業界を牛耳れる時代は終わったんじゃないか、と思う。
    Google、salesforce.com、facebookなど有力数社が時代を牽引していくのではないだろうか。
    そういう意味では、ビル・ゲイツは業界の最後の支配者だったんじゃないだろうか。
    2008-07-01 08:59:14
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加