logo

ゲイツ引退、本当の功績とは?

2008年6月30日 16時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft常任会長 Bill Gates氏が6月27日に退任しました。すでに2000年1月にはCEOをSteven Ballmer氏に譲っており、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団での慈善活動に重心を移していましたが、今後はフルタイムの業務から完全に引退するそうです。

 Microsoftの設立、Windowsの開発などは、Gates氏の功績としてあまりに有名ですが、同氏がIT業界に与えた影響の本質とは何でしょうか。パネリストのみなさんのご意見を聞かせてください。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    ゲイツは文字通りこの4半世紀の情報産業革命の旗手だとおもいます。

    MS-DOS、Windowsといったオペレーティングシステムがパーソナルコンピューターの普及と共に人々のライフスタイルを変え、世界の情報産業を創り出したといってよいでしょう。これまで、個人や企業によりWindowsから創造され分配された富や価値は計り知れません。

    オペレーティングシステムやオフィスソフトウェアのデファクトスタンダードとなり、その驕りからオープンなインターネット領域への参入は一歩遅れましたが、自らの陣頭指揮で見事にキャッチアップした情熱や信念には経営者として学ぶべき事が多くあります。

    一方、「ソフトウェアは無償ではなく、その対価をもらうべき」という信念を貫き通し、ソフトウェアをプロプラエタリなソフトウェアとしたことで、反面教師として多くのオープンソースコミュニティーに与えた影響も極めて大きいといえるでしょう。
    2008-07-01 07:04:17
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集