logo

iPhone 3G、日本のモバイル業界を変えるか

2008年6月10日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型iPhoneが、3Gの携帯電話ネットワークとWi-Fiによるインターネットアクセス、Microsoft Exchangeへの対応、GPS搭載、専用アプリケーションをダウンロードできるApp Storeなどを揃えて登場しました。またAppleは、.Macサービスを進化させた「MobileMe」も発表しています。これはMac、Windows PC、iPhone間でメール、カレンダー、連絡先、写真などを同期するクラウドストレージです。7月11日には日本でもiPhone 3Gがソフトバンクショップで発売されます。販売条件などはまだ公表されていませんが、米国では$199(8GBモデル)、$299(16GBモデル)という価格設定になっています。

 AppleとiPhone 3Gは、日本の携帯電話業界を変えることになるのでしょうか。端末メーカー、キャリア、コンテンツプロバイダ、アプリケーション、ユーザー、ビジネスが受けるインパクトとはどのようなものなのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 及川卓也
    及川卓也さん (テクノロジーアドバイザー)
    iPhone 3Gの日本発売は、将来、歴史を振り返ったときに、あれがきっかけだったと思えるようなターニングポイントになるのではないかと思います。

    パラダイス鎖国とかガラパゴス進化と呼ばれている状況というのは過去にもありました。90年代前半までのパーソナルコンピュータです。

    NECのPC98シリーズを筆頭に日本でしか通用しないプラットフォームが市場を席巻している一方、世界ではIBM互換機が主役の座を射止めていました。そんな中で登場したのが、DOS/Vです。

    今から考えると、DOS/Vはマニア層には普及したものの、圧倒的な対応アプリケーションソフトウェアを持つ、PC98の市場を切り崩すまでにはいたりませんでした。しかし、これはその数年後に来るWindows 95による本格的な開国の前触れだったと考えることができます。

    iPhone 3Gは今の日本の携帯が持つ機能の多くを備えていません。そのため、いきなり日本の携帯市場を大きく塗り替えることはないでしょう。ただ、遅くとも数年後にはこれがきっかけだったと気づくことになるのではないでしょうか。そのときの主役が将来のiPhoneなのか、それとも別のオープンなプラットフォームなのかはまだわかりません。
    2008-06-12 00:31:49
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集