logo

iPhone 3G、日本のモバイル業界を変えるか

2008年6月10日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型iPhoneが、3Gの携帯電話ネットワークとWi-Fiによるインターネットアクセス、Microsoft Exchangeへの対応、GPS搭載、専用アプリケーションをダウンロードできるApp Storeなどを揃えて登場しました。またAppleは、.Macサービスを進化させた「MobileMe」も発表しています。これはMac、Windows PC、iPhone間でメール、カレンダー、連絡先、写真などを同期するクラウドストレージです。7月11日には日本でもiPhone 3Gがソフトバンクショップで発売されます。販売条件などはまだ公表されていませんが、米国では$199(8GBモデル)、$299(16GBモデル)という価格設定になっています。

 AppleとiPhone 3Gは、日本の携帯電話業界を変えることになるのでしょうか。端末メーカー、キャリア、コンテンツプロバイダ、アプリケーション、ユーザー、ビジネスが受けるインパクトとはどのようなものなのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    iPhoneというデバイスは
    ・ケータイは電話が主ではなくインターネット利用が主に
     なったという明示的な象徴
    ・ケータイキャリアのクローズドなWebではなく、
     広い大海としてのPCのWebへのアクセスをようやく
     日本のモバイルユーザーも本格的に楽しめるようになる
     大きな契機
    ・同じOS、同じブラウザ、(クラウド的に)同じデータの
     保持が実現され、PCとケータイのコンピューティングが
     融合する未来の一歩

    だと思っている。

    また、美しいアイコンを備えたインターフェイスは、視覚を刺激してくれながらも十分に大人っぽく、日本のケータイにありがちな幼稚な外観を無理して使わざるを得なかったオトナの苛立ちを解消してくれる。
    モバイルサービス業界の収益のほとんどは中高生のアクセスによるもので、社会人にほんとうに訴えるサービスはほとんどなかった。その意味でもモバイルビジネスのあり方そのものも変えてくれる大きなきっかけになるはずだ。


    なにより、アレが欲しい!と強く物欲を刺激してくれるようなガジェットがいまの日本に他にあるだろうか?
    高級ブランドの七光りで無理矢理に付加価値をつけるのではなく、製品そのものの良さでアピールできるガジェットが他にあるだろうか?
    僕たちにできることは、7月11日を垂涎の想いで待つしかないじゃないか。

    大事なことは、黒を買うのか白を買うのか、もうそれだけだ。
    2008-06-11 08:23:28
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集