iPhone 3G、日本のモバイル業界を変えるか

2008年6月10日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型iPhoneが、3Gの携帯電話ネットワークとWi-Fiによるインターネットアクセス、Microsoft Exchangeへの対応、GPS搭載、専用アプリケーションをダウンロードできるApp Storeなどを揃えて登場しました。またAppleは、.Macサービスを進化させた「MobileMe」も発表しています。これはMac、Windows PC、iPhone間でメール、カレンダー、連絡先、写真などを同期するクラウドストレージです。7月11日には日本でもiPhone 3Gがソフトバンクショップで発売されます。販売条件などはまだ公表されていませんが、米国では$199(8GBモデル)、$299(16GBモデル)という価格設定になっています。

 AppleとiPhone 3Gは、日本の携帯電話業界を変えることになるのでしょうか。端末メーカー、キャリア、コンテンツプロバイダ、アプリケーション、ユーザー、ビジネスが受けるインパクトとはどのようなものなのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 坂本貴史
    坂本貴史さん (ネットイヤーグループ株式会社 IA/UXDディレクター)
    もうすでに携帯業界そのものの価値を大きく変えてしまっていると思います。

    すでに洗練されたプロダクトデザインやタッチパネルなどの操作方法、ユーザーインターフェースは各社影響を受けているので、今後似たような製品が並ぶことは間違いないと思います。

    iPhone 3Gのニュースは、価格にばかりフォーカスがあたっていましたが、わたしが注目すべきは、WWDCのデモでも見れましたが、その洗練されたデザインインターフェースを容易に開発できる開発ツールそのもの (これまた洗練されている) と開発環境だと思います。

    また、規格や業界標準化という点でもiPhoneがもたらす影響は大きいと思います。

    GoogleのGoogle Web Tool Kit (GWT) などもそうだと思いますが、iPhone向けアプリケーション開発がこれから大きく注目されると思います。
    2008-06-12 11:45:37
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加