国内ベンチャーの海外進出ってどうなの?

2008年2月23日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界に通用するサービス・製品が日本から出てこないと言われているなか、日本のベンチャー企業が海外に進出する例が目立ってきました。提供するサービスを多言語化して海外の利用拡大を図ることは珍しくありませんし、また国外に拠点を設立して、本格的に海外進出に乗り出す企業もあります。最近のニュースでも、渡米した元サイボウズ創業者の高須賀宣氏が統合ウェブアプリケーションソフト「LUNARR」をリリースしたり、ライブドアが海外のエンジニアを巻き込むためにRSSリーダーのオープンソース版を公開したりするなど、話題に事欠きません。一方で、改めて京都をモノ作りの拠点に定めたはてなのように、日本の中からシリコンバレーのような場所を創出し、インターネット産業の流れを変えたいと考える企業もあります。

 日本のベンチャー企業と海外進出、あるいは国内の活性化。パネリストの皆さんはこれらのテーマについてどのような意見をお持ちでしょうか。


  • 和蓮和尚
    和蓮和尚さん (ネット家電を作る某ベンチャーの代表)
    まず、ベンチャーが作るものは何もソフトウェア、Webサービスばかりではない。私がまさにそうだが、ハードウェアは販路問題さえクリアすればコミュニティサービスやMMOゲームといったカルチャーに強く依存するものに比べて海外での普及がまだ容易なほうだ。

    そういう意味で、B2C売りのハードウェアを絡めたベンチャービジネスはこれから面白いと思う。

    だから、やろうと思ったのだが。


    もう既にベンチャーというと失礼な規模&歴史だが、Nikkoというトイラジコンで世界一有名...なんじゃないかと思うメーカーがある。

    アメリカのショッピングモールを覗いても、amazon.com(US)を覗いてもトイラジコーナーはどこもNikkoのロゴばかり。海外の販社を除いて日本側の社員は100名ほどで回しておられるのだが、まさにベンチャー的にやっておらえるのだろうなぁと想像する次第。海外の販社をきちんと置いて、ユーザーサポート含めてケアできる拠点を作ることができれば、ハードは異国の地にも溶け込みやすいのである。


    ※Nikkoさんが出しているR2-D2型プロジェクターがものすごく欲しい...
    2008-02-29 10:52:24
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加