logo

東芝撤退! 次世代DVD戦争は何を残したか

2008年2月18日 02時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・松下が主導する「Blu-ray Disc(BD)」と東芝が主導する「HD DVD」の次世代DVD規格争いが大詰めを迎えているようです。ロイターは16日、東芝がHD DVD関連事業から撤退する方向で最終調整に入った、と報じています。ここ数カ月の動きを振り返ると、年初にWarner Bros. がHD DVD陣営からの離脱を表明し、またゲーム業界でも、HD DVDをサポートする「Xbox 360」がBDに対応する可能性もある、とMicrosoft幹部が漏らしていました。さらにウォルマートやNetflixといった小売業者もBD支持に回っています。長かった次世代DVD規格争いがBD陣営の勝利という形で終わるとすれば、両陣営の勝敗を分けた決め手は何だったのでしょうか。そして今回の規格争いは市場と消費者に何をもたらしたのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    ふたつ教訓が残ったと思います。
    ひとつは、HD-DVDのメリットは、生産性とコストにあり、性能面ではブルーレイディスクに優位性があったということですが、これまでのメディアの歴史を考えると、生産性は売れるに従って飛躍的にあがり、コストも下がっていくためにHD-DVDの優位性が保たれるのはほんの初期の間だけということとなります。時間が経つにつれ優位性がなくなっていくという点を東芝が見誤ったということでしょうか。
    ふたつめに、競争戦略を考えるときに「身の丈」ということが極めて重要だということです。東芝陣営に身の丈に対する認識が甘かったということがあると思います。テレビ、HD・DVDレコーダーの巨人であり、マーケティングに長けたSONYと松下連合軍と、一方の東芝・NECはどちらかというとコンシューマ向けのマーケティングが得意とはいえず、またマイクロソフトも、機器もXboxだけしか持ち合わせず、またメディアの分野でのマーケティングの経験がありません。
    さらにNECがSONYとDVDの生産で提携し、東芝陣営から離脱したことも劣勢に輪をかける結果となったのではないでしょうか。
    各配給会社もさまざまな思惑や駆け引きがあったでしょうが、結局は各陣営に対する信頼性の差が当初からあったのではないかと思います。
    これで次世代DVD普及に拍車がかかると思いますが、すでにHD-DVD機器を購入したユーザーが残りました。PC用の場合は、アフターケアでメディア生産を続行することになるでしょうが、主に北米でばらまいた再生専用機についてはどうするのでしょうね。ブランドの信頼性という点では傷を残したことになります。
    しかし以前ブログにも書きましたし、すでにご指摘の方もいらっしゃいますが、かつてとは違って、ブルーレイディスク陣営も勝利したものの、HDD、インターネット経由などカテゴリー競争が始まっており、焦点はそちらに移っていきます。
    小飼さんが勝利の果実はMD程度かとご指摘ですが、MDは日本だけでしか流通しなかったメディアであり、それよりはマーケット規模は大きいとは思いますが、おっしゃるように刈り取れる期間は短いかもしれません。
    2008-02-19 11:31:29
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集