MSのYahoo買収は実現するか、Googleへの勝算は?

2008年2月4日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日、MicrosoftがYahooに買収提案したことを明らかにしました。提示された買収総額は446億ドル。MicrosoftはYahoo に対して、1月31日の終値19.18ドルに62%のプレミアムを加えた、1株あたり31ドルを提案しています。MSの最高経営責任者 Steve Ballmer氏は、「一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる」と述べています。果たして今回の買収は実現するのでしょうか。また仮に実現した場合、Microsoftが声明の中で述べている「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かし、現状を打破することができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    Yahoo!は2007 4Qの業績で23%の減益、さらには1000人のレイオフの発表と明らかに成長に陰りがみえてるのは知っての通り。このような状況と米国のシビアな株式市場の数字を見る限り、(マイクロソフト以外でも)買収の対象となるのは時間の問題であったのではと想像しています。

    書簡を読む限りでは、明らかにマイクロソフトはYahoo!に対してインターネットメディア(広告収益)として期待しており、マイクロソフトのビジネスと補完関係になることは間違いなく、収益の殆どを広告収入に依存しているGoogleには脅威になるでしょう。僕が米国Yahoo!の株主であれば買収大歓迎です。

    もっとマクロに考えると、資本主義経済の下あらゆる産業は自然の摂理としてM&Aと会社分割を繰り返してきましたが、今回の大型M&Aが実現すればインターネット・メディア産業もいよいよ成熟した証なのでは。。
    2008-02-04 10:18:23
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加