MSのYahoo買収は実現するか、Googleへの勝算は?

2008年2月4日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日、MicrosoftがYahooに買収提案したことを明らかにしました。提示された買収総額は446億ドル。MicrosoftはYahoo に対して、1月31日の終値19.18ドルに62%のプレミアムを加えた、1株あたり31ドルを提案しています。MSの最高経営責任者 Steve Ballmer氏は、「一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる」と述べています。果たして今回の買収は実現するのでしょうか。また仮に実現した場合、Microsoftが声明の中で述べている「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かし、現状を打破することができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 山崎徳之
    山崎徳之さん (株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ 代表取締役社長)
    買収提案が成功するかどうかは、経済原理だけで決まるでしょう。
    Yahoo!の株主がYahoo!の成長可能性を2倍程度と見積っていれば60%超のプレミアムなら受け入れる可能性はあります。
    すでに発表の影響で60%程度株価が上昇していますが、短期的な動きとしては妥当ですね。
    あとは独禁法に抵触するかどうか。
    そして、買収提案が成功するかどうかと、現状を打破しうるかはまた別の問題ですが、いみじくも「スケールの問題」といっているように、言葉を変えればスケールしか手段がない、というようにも見えます。
    検索自体が踊り場を迎えていると私は思いますが、スケールの拡大によって一時的に手に入れるパワーを次につなげられるかどうか。
    最近は検索で目的のものに辿り着けることが減ってきていますから、スケールだけでは続かないでしょう。
    最後に、個人的にはこの買収提案は、結局うまくいかないと思うのと、うまくいっても面白みはないとは思います。
    2008-02-04 09:11:04
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加