mixiもGREEも、コミュニティ運営は難しい?

2007年10月9日 11時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイトの規模が大きくなると、誰もが満足する仕組みを作るのは難しくなるようです。先日リニューアルした「mixi」ですが、評判は芳しくなく、一部のユーザーからは見づらいとの声が挙がっています。またモバイルSNSの「GREE」は写真表示をアバターに変えたことで、ユーザーからの反発を受けました。ユーザーのために行ったサイトの改善やサービスの追加が必ずしも受け入れられるとは限りません。このようなソーシャルコミュニティサービスで、ユーザーの不評をかった場合どう対処するべきなのでしょうか。また、参加ユーザーの満足度を向上させるにはどのような点が重要なのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    この問題は、いくつかの馴染みのあるブログでも議論されていました。いま、たしかにネット上では、mixiやGreeのデザイン変更に関してあまりいい評価は聞きませんが、さほど問題かというと疑問が残ります。
    というかGreeは当初からは大幅に転換しないとビジネスにならないから、これまでのユーザーではない人たちに向けた仕様を求めて当然でしょうし、問題は今Greeが広げようとしているユーザーの評価は聞こえてきているのかということです。
    すべての人を満足させるというのは難しいし、中途半端なことをして、どのユーザーからも共感されないというのが最悪で、強化したいと思っているユーザーがこだわることがあれば、現在のユーザーの支持を得られなくとも、そちらを選択するというのはマーケティングとしては正しいことだと思います。
    mixiについては、もともとデザインは洗練されていなかったと思うし、あまりmixiはそう頻度高く使っているわけでないので、変更による違和感はありませんでした。ちまちま改善をやっても、大きなイノベーションがない限り、もう成熟した感のあるがサイトですから、余り議論する価値がないのじゃないかって気がします。
    かなり幅広いユーザーに使われるようになって、最適というのはもはや見いだせない状態でしょうから、いくつかの選択肢をつくっていくなり、カスタマイズできるようにすることでしょうが、そういった改善の範囲なら、リサーチを強化すれば解決できることに過ぎない問題ではないでしょうか。

    2007-10-11 11:46:39
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加