夏を制したソフトバンクモバイル、好調の要因は?

2007年9月10日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月の携帯電話・PHSの契約純増数は、4カ月連続でソフトバンクモバイルが1位となりました。ソフトバンクモバイルの純増数は18万8900件に上り、2位KDDIも15万8500件の純増と堅調。一方でNTTドコモは2万2900件の純減でした。7月、8月は各キャリアともに大々的にキャンペーンを実施しました。「決める夏。」のau、「夏 2.0」のNTTドコモを抑えて躍進を続けるソフトバンク好調の要因は、果たしてどこにあるのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 保田隆明
    保田隆明さん (ワクワク経済研究所代表)
    先ごろの選挙における民主党の勝利と同じ構図かと思います。積極的にソフトバンクというよりも、他のプレーヤー(特にドコモ)のサービスに対する不満票がソフトバンクに集まっているのではないかと。
    2007-09-08 21:52:54
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加