日本でもUberアプリで「ライドシェア」を呼べるように--4月上旬より順次開始

 Uber Japanは4月2日、「タクシー会社によるライドシェア」(日本型ライドシェア)の導入支援を、東京都、神奈川県、愛知県、京都府で4月上旬より順次開始すると発表した。Uberアプリを約10のタクシー事業者に提供するという。

Uberアプリ上の表示
Uberアプリ上の表示

 日本型ライドシェアは、一般ドライバーによる自家用車での有償旅客輸送を、タクシー会社による管理を前提に認めるもの。諸外国のライドシェアとは形態が異なるが、都市部や地方のドライバー不足の解消に一定の効果があると期待されている。

 Uber Japanでは、提携タクシー会社への「Uber」アプリの導入サポートのほか、遠隔点呼の導入や実施、カスタマーサポートなどを提供する。また、ドライバーの仕事に興味のある人を提携タクシー会社に紹介するなど、採用や研修も支援する。

 運行開始後は、Uberアプリから「自家用タクシー」という表示名でライドシェアによる配車を受けられる。また、配車から決済、ドライバーや乗客からの問い合わせ、事故発生時の対応も実施するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]