「iOS 17.3」公開、「盗難デバイスの保護」機能が追加

Zachary McAuliffe (CNET News) 翻訳校正: 編集部2024年01月23日 09時13分

 Appleは米国時間1月22日、「iOS 17.3」をリリースし、「盗難デバイスの保護」などの新機能を「iPhone」ユーザーに提供開始した。盗難デバイスの保護機能は、特定の設定変更をする際に「Face ID」または「Touch ID」による認証を求めることでセキュリティを強化するもの。

AppleのロゴとiOSの文字、南京錠のシルエット
提供:Rafael Henrique/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

  iOS 17.3には、16件のセキュリティアップデートも含まれている。その1つは、Appleが開発して「Safari」で使われているレンダリングエンジン「WebKit」に対するもので、既に悪用された可能性があるという。

 このWebKitの脆弱性は、悪意を持って作成されたウェブコンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性があるというもの。ITサービス企業Oktaによると、任意のコード実行とは、第三者にデータを盗まれたり、その他の不正な目的のためにデバイスをハッキングされたりする可能性があることを意味するという。

 iOS 17.3には、Safariでプライベートブラウズモードでの閲覧情報が「設定」に表示される可能性があるなど、その他の問題に対するパッチも含まれる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]