サムスン、紛失防止トラッカー「Galaxy SmartTag2」発表--バッテリー持続は500日

Meara Isenberg (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年10月06日 08時14分

 サムスンは米国時間10月4日、アイテムのトラッキングに役立つ新たなデバイス「Galaxy SmartTag2」を発表した。既存の「SmartTag」「SmartTag+」に続くものだ。新たなデザインと強化された機能を搭載し、10日に世界各国で発売する。

Galaxy SmartTag2
Galaxy SmartTag2
提供:Samsung

 SmartTag2は、「Tile」トラッカーやAppleの「AirTag」と競合する。既存のSmartTagシリーズと同様、SmartTag2はサムスンの「Galaxy」スマートフォンでのみ利用できる。米国での価格は29.99ドル(約4500円)。

 サムスンのプレスリリースによると、SmartTag2は「新しいコンパクトなサイズとリング状のデザイン」となっており、リングの内側を金属製にして耐久性を高めている。また、新しい「Power Saving Mode」と改良された「Normal Mode」により、バッテリー持続時間も長くなった。サムスンによると、Power Saving Mode使用時は最大700日間(従来モデルの2倍以上)、通常モード使用時は最大500日間持続するという。

 また、「Android 11」以上を搭載したUWB対応のGalaxyスマートフォンがあれば、改良された「Compass View」機能を利用できる。この機能は、SmartTag2がある方角と距離を矢印で表示できるようになった。

プレスリリース

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]