「AirTag」でストーキングされていませんか?--確認して停止させるには

Maria Diaz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年08月23日 07時30分

 Appleの持ち物トラッカー「AirTag」は、鍵や財布、リモコン、さらには自転車など、大切なものの場所を教えてくれる便利なデバイスだ。その一方で、AirTagを悪用したストーキング事件なども発生し、AirTagの広がりに影を落としている。

AirTag
提供:Maria Diaz/ZDNET

 そこでAppleは、AirTagの機能を見直すとともにAirTagは自分の持ち物を追跡するためのものであって、他人を本人の同意なしに追跡するためのものではないというメッセージをAirTagのユーザーに繰り返し伝えている。自分と一緒に移動しているAirTagが見つかった場合に通知する機能も追加した。

  1. AirTagに追跡されていないかを確認する方法
    1. 自分のiPhoneにアラートが表示される
    2. 「トラッキング通知」が有効になっているかを確認する
    3. 「探す」アプリをチェックする
    4. AirTagを鳴らす
    5. AirTagが見つかった場合は情報を確認する
    6. AirTagを無効にする
  2. よくある質問と回答
    1. AirTagに追跡されているかどうかはAndroid端末でも確認できるのか
    2. AirTagはGPSを搭載しているのか
    3. AirTagによる追跡を止めるにはどうすればいいのか
    4. 自分の「AirTag」を第三者が追跡できるか

AirTagに追跡されていないかを確認する方法

 怪しいAirTagが自分の近くにないかどうかは、「iPhone」でも「Android」スマートフォンでも確認できる。ここではiPhoneを例に、自分を追跡しているAirTagがあった場合の流れを説明しよう。

 誰かのAirTagが自分の行動を追跡している場合、iPhoneやAndroid端末が自動で検知し、アラートを発してくれることもある。もし自分の同意なしに行動を追跡され、身の危険を感じる時は、警察等に連絡しよう。

1. 自分のiPhoneにアラートが表示される

 身元不明のAirTagが自分を追跡している場合、iPhoneの画面に「AirTagはあなたと一緒に移動しています」というアラートが表示されることがある。このメッセージが表示されるのは、持ち主から離れたAirTagとともにしばらく動いている場合、または、iPhoneのスリープが解除されていて、持ち主を離れてしばらく経ったAirTagが動いたことを知らせる音が鳴った場合だ。

 AirTag以外の「探す」ネットワーク対応アクセサリー、例えば「AirPods」や「AirPods Pro」、「AirPods Max」が見つかった場合も、同じようなことが生じることがある。これらはいずれも、持ち主の手元を離れて一定時間がたつと、動いた時に音が鳴るように設計されている。

「AirTagはあなたと一緒に移動しています」というアラート
提供:Apple

2. 「トラッキング通知」が有効になっているかを確認する

 近くに誰のものか分からないAirTagがあるが、iPhoneにアラートが届かない場合は、次の手順に従ってトラッキング通知が機能するようにしよう。

  1. iPhoneの「設定」から「プライバシー」を選択する。
  2. 位置情報サービス」をタップし、「位置情報サービス」をオンにする。
  3. システムサービス」をタップする。
  4. iPhoneを探す」と「利用頻度の高い場所」の両方をオンにする。
  5. 設定」に戻り、「Bluetooth」を選択する。
  6. Bluetooth」をオンにする。
  7. 探す」アプリを開いて、「自分」をタップする。
  8. トラッキング通知」を有効にする。
提供:Maria Diaz/ZDNET
提供:Maria Diaz/ZDNET

3. 「探す」アプリをチェックする

 AirTagは、持ち主から離れてしばらくたつと、他の人が見つけやすいように、動いた時に音が鳴る。AirTagの音、またはAirTagではないかと疑われる音が聞こえた時は、自分のAppleデバイスで「探す」アプリを立ち上げよう。上のステップ2が完了していることを確認した上で、「探す」アプリでAirTagが見つかるかを確認する。

 自分の持ち物を調べて、どこかにAirTagが隠されていないか確認しよう。上着や鞄を探り、ズボンのポケットや財布の中もくまなく調べる。

4. AirTagを鳴らす

 AirTagが自分と一緒に移動しているというアラートが表示された場合、「探す」アプリを立ち上げて「サウンドを再生」をタップすれば、AirTagを見つけやすくなる。

 自分のAirTagを探す場合と同じように、iPhoneに表示されたアラートをタップして「探す」アプリに移動し、「続ける」をタップしてから、「探す(この周辺)」をタップする。画面に表示される手順に従って、近くを歩き回ってみよう。

 「サウンドを再生」オプションが使えるのは、AirTagの持ち主が近くにおらず、かつ持ち主のAppleデバイスが圏内にない場合のみだ。「正確な場所を見つける」機能は、超広帯域無線通信(UWB)に対応しているiPhone 11/12/13/14のみで利用できる。

 「探す」アプリの「サウンドを再生」オプションが使えない場合は、不明なAirTagがすでに自分の近くを離れ、iPhoneが検知できない場所に移動している可能性が高い。

AirTagが近くにあるという警告の画面
提供:Apple

5. AirTagが見つかった場合は情報を確認する

 AirTagが見つかった場合は、自分のiPhoneか、他のNFC対応スマートフォンを使って、そのAirTagの情報を調べよう。発見したAirTagの白い面にスマートフォンの上部をかざし、認識されるのを待つ。

 NFCがスキャンされると、スマートフォンに通知が表示されるので、タップする。すると、AirTagのシリアル番号や持ち主の電話番号の下4桁が記載されたウェブサイトが開く。

 そのAirTagが紛失物であれば、発見者が持ち主に連絡できるように、持ち主が連絡先情報を残している場合もある。

NFCを使って情報を取得する様子
提供:Maria Diaz/ZDNET

6. AirTagを無効にする

 AirTagを無効化すれば、持ち主はAirTagの現在地を確認できなくなり、追跡もできなくなる。

 方法はバッテリーを外すだけだ。AirTagのカバーを押し込み、反時計回りに回すとAirTagが開くので、バッテリーを取り出そう。

AirTagのカバーが開き、バッテリーが見えている様子
提供:Maria Diaz/ZDNET

 ストーキングされている可能性がある場合や、身の危険を感じる時は、スクリーンショットを何枚か撮っておこう。その上で近くの警察等に連絡をとり、無効にしたAirTagを渡す。

よくある質問と回答

1.AirTagに追跡されているかどうかはAndroid端末でも確認できるのか

 不明なAirTagに追跡され、位置情報を送信される可能性は、iPhoneユーザーに限らず、誰にでもある。

 GoogleはAndroid 6.0以降を搭載したスマートフォン向けに、「不明なトラッキングアラート」機能を追加した。対応するAndroidスマートフォンなら、AirTagに追跡されている場合は通知が届くはずだ。現在のところ、検出できるのはAppleの追跡デバイスだけだが、将来的には他のメーカーの追跡デバイスにも対応予定だ。

 Androidスマートフォンは、持ち主の手元を離れてしばらくたったAirTagがユーザーと一緒に移動していることを検知すると、AirTagをスキャンして音を鳴らし、見つけやすくしてくれる。その際、AirTagが発見されたことがAirTagの持ち主に通知されることはない。

2.AirTagはGPSを搭載しているのか

 AirTagにGPSは搭載されていない。その代わりに、世界に20億台近く存在すると言われるiPhoneや「iPad」、「Apple Watch」、Macの「探す」ネットワークを活用する。AirTagが発信した匿名のBluetooth信号を、その周囲約10m以内にある「探す」ネットワーク対応デバイスが検知し、AirTagの位置情報を「iCloud」に送信する。AirTagの持ち主は、自分のAppleデバイスの「探す」アプリから、AirTagの位置情報を確認できる。

3.AirTagによる追跡を止めるにはどうすればいいのか

 AirTagの追跡を止める最も簡単な方法はバッテリーを外すことだ。バッテリーを取り出してしまえば、AirTagは無効になり、持ち主も追跡情報を確認できなくなる。注目すべきは、AirTagが無効になったという情報は持ち主には通知されないことだ。

 「探す」ネットワークを使えば、さまざまなiPhoneやAppleデバイスをAirTagと紐付け、その場所を追跡できる。バッテリーを取り出し、無効化しない限り、または「探す」ネットワークの通信範囲の外に出ない限り、AirTagは追跡を続ける。

4.自分の「AirTag」を第三者が追跡できるか

 AppleのAirTagは、固有のBluetooth識別子を頻繁に変更するように設計されており、「探す」ネットワークとの通信はエンドツーエンドで暗号化されている。「探す」ネットワークを利用すれば、Bluetooth信号が届かない何kmも離れた場所にあるAirTagも追跡可能だ。

 他人のAirTagを追跡することはできないが、AirTagが一定時間以上持ち主から離れていると、第三者が見つけやすいように、AirTagが動いた時に音が鳴るようになっている。AirTagを発見した人がNFC対応のデバイスを持っており、かつAirTagの持ち主が自分の連絡先を開示している場合は、連絡先情報にアクセスすることも可能だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]