グーグル、QRコード読み取りを容易にするAPIを公開--AIで自動検出し拡大

Artie Beaty (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2023年08月09日 11時41分

 Googleの重要なアップグレードにより、遠く離れた位置からQRコードをスキャンする苦労に終止符が打たれるかもしれない。Googleが現在開発中の新しいスキャナーアプリは、室内の離れた壁であろうと、高速道路の反対側に見える看板であろうと、カメラフレーム内のQRコードを自動的に検出し、拡大してコードを読み取ることができる。

QRコード
提供:timandtim/Getty Images

 現在、離れた場所からコードを読み取るには、指でカメラフレーム内の画像を拡大し、スキャナーの中心にコードを合わせる必要がある。このとき、拡大しすぎるとぼやけてしまい、コードを読み取れない。Googleの新しいスキャナーは、小さなコードでも素早く識別し、必要なデータを検出できるよう自動で拡大するため、一連の処理がより迅速かつ効率的になる。

 このコードスキャナーは、Googleの機械学習の機能を「Android」および「iOS」アプリで利用できるようにするモバイルSDK「ML Kit」の「バーコードスキャン」APIに含まれている。同APIは、高度な人工知能(AI)アルゴリズムを使って、カメラフレーム内のバーコードまたはQRコードを検出する。

 この機能はまだ一般公開されていないが、開発者向けの最新アプリケーションビルドに追加されたため、一般公開されるのもそう遠くないだろう。同機能は、Google独自のQRコードスキャナーと他社のアプリの両方で動作するとみられる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]