スマートリングのEVERING、CANDY HOUSE JAPANのスマートロック「SESAME」と連携

 スマートリング「EVERING(エブリング)」を提供するEVERINGは7月6日、CANDY HOUSE JAPAN(キャンディーハウスジャパン)のスマートロック「SESAME(セサミ)」との連携開始を発表した。指輪をかざすだけで、ドアの解錠が可能になる。国内スマートロックメーカーとしては、ビットキーの「bitlock」に続く2社目の連携。


 EVERINGは、端末に指輪をかざすだけで、決済やドアの解錠を行うことができるスマートリング。充電不要の防水仕様で、専用アプリでEVERINGにチャージすれば、全国150万以上の店舗や施設で利用することができる。

 1万8000円(税別)のブラック、ホワイト、1万9500円(税別)のシルバーを用意し、サイズはそれぞれ18種類。買い切り型のスタンダードプランのほか、月額500円からの定額プランも用意している。

EVERING シルバー、ブラック、ホワイト
EVERING シルバー、ブラック、ホワイト

 今回の連携により、CANDY HOUSEのスマートロック「SESAMEシリーズ」のデバイスとEVERINGがあれば、カバン中から鍵やスマホを取り出すことなく、指輪をかざすだけで、ドアの施錠・解錠が可能にとなる。

 SESAMEシリーズは、工事不要で簡単に取り付けることができる、後付け型のスマートロック。特殊アダプターを利用したものも含め、約99%の鍵に対応するという。対応機種はSESAME5、SESAME5Pro、SESAME CYCLE2ほかで、別途セサミタッチ、セサミタッチ Proが必要となる。ブラック、ホワイト、シルバーの3色を用意し、販売価格は3980円(税別)からとなる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]