ソニー「Xperia 1 V」レビュー:アップルとサムスンに迫るクリエイター向けスマホ - (page 3)

Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2023年05月26日 07時30分

 こうした機能をすべて組み合わせた成果が専用の「ナイトモード」であるほか、光量が中から低、または混在している場合の処理が向上している。筆者が1週間ほど試用したときには、ナイトモードを除けば、すべてがソニーの宣伝どおりだった。特に感心したのは、ハイライトが写真でも自然に広がるところだ。

 Xperia 1 Vで撮影した写真から、気に入ったのを何枚かご覧いただこう。

家とオートバイ
光や色彩を的確に捉えている
提供:Patrick Holland/CNET
ほほ笑む2人の人物
提供:Patrick Holland/CNET
寝そべる猫
提供:Patrick Holland/CNET
植物の近影
望遠カメラで撮影
提供:Patrick Holland/CNET
建物の外壁に描かれたイラスト
望遠カメラで撮影
提供:Patrick Holland/CNET
Salesforce Tower
こちらも望遠カメラで撮影
提供:Patrick Holland/CNET

 iPhone 14 Proと比較しても、Xperia 1 Vはかなり健闘している。サンフランシスコにある「Peoples Barbershop」で撮影したのが下の写真だ。Xperia 1 Vの方で、窓と、左側で座っている男性に注目してほしい。iPhone 14 Proの写真では、男性の頭と首が影になってしまっている。また、右の方にあるチップについての案内板を見ると、iPhone 14 Proの写真の方が文字がシャープに写っている。全体的に、iPhone 14 Proで撮った写真はXperia 1 Vと比べてシャープネスがかかりすぎて見える。

 次は、スケートショップの外にいた犬の写真だ。Xperia 1 Vでは3.5倍ズーム、iPhone 14 Proでは3倍ズームで撮影している。犬の毛並みのテクスチャーは、どちらも優秀だ。Xperia 1 Vの方は、背景にナチュラルなボケがかかっているが、iPhone 14 Proの方は背景にもフォーカスが合っている。全体的には両方ともいい写真だが、筆者はXperia 1 Vの方が好みだ。iPhone 14 Proの写真では犬がフラットに見え、Xperia 1 Vの写真の方が犬が引き立っている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]