「ROG Phone 7 Ultimate」レビュー--冷却システム搭載でゲーム最優先のスマホ - (page 3)

Mike Sorrentino (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2023年04月26日 07時30分

カメラと撮影機能

 ROG Phone 7 Ultimateのカメラは、メインが50メガピクセル、超広角が13メガピクセル、マクロが5メガピクセルで、前面カメラには32メガピクセルセンサーが採用されている。ポートレートモードと夜間撮影モードがあり、動画は、背面のメインカメラで24fpsの8Kか、60fpsまたは30fpsの4Kで撮影できる。

シティ・フィールド
シティ・フィールド
提供:Mike Sorrentino/CNET

 写真の質は妥当なところだ。ニューヨークにある野球場のシティ・フィールド、あるいは公園のセントラルパークで行われた結婚式など、さまざまな環境で撮影してみたところ、まず満足できる性能だった。「Instagram」用に最高の1枚を撮影するスマートフォンにはならないだろうが、ほとんどの環境で、気軽に写真を撮るくらいなら十分に通用する。

figure_8
提供:Mike Sorrentino/CNET

 全体的に、ROG Phone 7 Ultimateで撮った写真はややディテールに欠け、特に筆者の「iPhone 12 Pro Max」で撮った写真と比較すると差が顕著だった。セントラルパークで自分を撮影した下の写真をご覧いただきたい。背景の花のディテールを見ると、iPhoneの方がかなりクリアなのが分かるだろう。この2枚で、光の見え方もこれほど違うのは驚きだった。

ROG Phone 7 Ultimateで撮った写真
ROG Phone 7 Ultimateで撮った写真
提供:Mike Sorrentino/CNET
iPhone 12 Pro Maxで撮った写真
iPhone 12 Pro Maxで撮った写真
提供:Mike Sorrentino/CNET

 ポートレートモードにすると、写りはわずかに良くなったが、背景にある花のボケが一定ではなかった。自撮り写真も同様にディテールに欠けていたが、前面カメラはビデオ通話には十分だ。ゲーミングスマートフォンとなると、写真と動画の撮影機能はどうしても二の次になるのだろう。

ROG Phone 7 Ultimateのポートレートモードで撮った写真
ROG Phone 7 Ultimateのポートレートモードで撮った写真
提供:Mike Sorrentino/CNET

結論

 ROG Phone 7 Ultimateは、Androidゲームを最高のグラフィックス設定でプレイしつつ、いろいろとカスタマイズしたいモバイルゲーマー向けに設計されている。新しいSnapdragonチップやコントローラーオプションの採用、冷却システムのアップグレードなどによって、ゲーム体験がさらに向上した一方で、高いリフレッシュレートと高速性により、アプリの使用や読書など、ゲーム以外の用途にも利点が生まれている。

動画を撮影しながら前面カメラで撮った写真
動画を撮影しながら前面カメラで撮った写真
提供:Mike Sorrentino/CNET

 ほとんどの人は、Galaxy S23のように、カメラ性能がより高く、デザインもスリムなスマートフォンの方が満足できるだろう。Androidゲームにしても、その多くは一般的なスマートフォンで十分に楽しめる。

 ゲーマーとして何よりもスペックを重視し、さまざまなカスタマイズ機能を望むということなら、ROG Phone 7 Ultimateはその要件を存分に満たしてくれる。競合製品である「REDMAGIC 8 Pro」シリーズはまだレビューしていないが、こちらは同じチップを採用していながら、価格は649ドル(日本では10万3800円)からと低く抑えられている。だが、ROG Phone 7 Ultimateはソフトウェア体験が非常に優れており、ゲーミングデバイスとスマートフォンとのバランスが絶妙だといえる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]