日本全国110カ所以上のコワーキングスペースを使えるサブスク「AnyWhereパス」が開始

 AnyWhereは4月14日、日本全国のコワーキングスペースを利用できるサブスクリプション型サービス「AnyWhereパス」の提供を開始すると発表した。

 離島を含み、日本全国110カ所以上のコワーキングスペースなどのワークプレイスが利用できる。価格は6105円(税込)からで、月10時間以上利用できる。

キャプション
キャプション
ウェブサイトから購入できる
キャプション
対象のワークプレイスイメージ

 同社は2022年末から、東京都内、関西、京都京丹後、長崎など、限定した地域内で複数のワークプレイスを使用できる「TeamPlaceエリアパス」の提供を開始。

 TeamPlaceエリアパスのユーザーから、「旅先の地域のワークプレイスで仕事をしたい」といった意見があり、日本全国で使用できるAnyWhereパスの販売開始に至ったという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]