アップルのAR/VRヘッドセット、量産延期でWWDCでの発表は不透明--著名アナリスト

Meara Isenberg (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年03月31日 07時46分

 長く待ち望まれているAppleの拡張現実/仮想現実(AR/VR)ヘッドセットが、6月の世界開発者会議(WWDC)で披露されるとうわさされている。しかし、Appleに詳しい著名アナリストは米国時間3月30日、この複合現実ヘッドセットがWWDC 2023で華々しく発表されるかどうかについて、やや懐疑的な見方を示した。

Appleのロゴと目のイメージ
提供:James Martin/CNET

 アナリストのMing-Chi Kuo氏が30日に投稿したツイートによると、Appleは、「AR/MRヘッドセットの発表が、世間をあっと驚かせたあの『iPhone発表の瞬間』の再来となることについて」それほど楽観視していないため、量産を1~2カ月延期したという。この延期によって、ヘッドセットがWWDCで発表されるかどうかについて「不透明感が増した」としている。

 Appleは今週、WWDCを6月5日から開催することを発表した。WWDCでは例年、最新ソフトウェアが発表される。Bloombergは2月、同社がAR/VRヘッドセットをWWDCで披露する計画だと報じていた。

 AppleのAR/VRヘッドセットは、ほとんどベールに包まれたままだ。何年にもわたり開発中とうわさされてきたこの製品は、MetaやMicrosoftなどのハードウェアに対抗するものとなる。価格は3000ドル(約40万円)程度で(Kuo氏のツイートでは、4000ドル《約53万円》以上になる可能性も示唆している)、Metaの「Quest Pro」に似た機能を搭載するとされている。

 AppleがWWDCでヘッドセットを披露するならば、それは複数のデバイスのうちの第1弾である可能性がある。報道では、AppleはARグラスや、より手頃な価格のVR型のヘッドセットも開発中とされている。米CNETのScott Stein記者は、Appleの第1世代AR/VRヘッドセットは、同社の最終目標である可能性は低く、どちらかといえば、「最初の一歩のようなもの」になる可能性が高いとしている。

 Appleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]