サムスン、グーグル、クアルコムが新たなMRプラットフォーム構築で提携

Lisa Eadicicco Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年02月02日 10時37分

 サムスンも他の大手IT企業に続いて、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の分野に本腰を入れるようだ。同社はGoogleおよびQualcommと協力して、次期複合現実(MR)プラットフォームを開発することを、米国時間2月1日に開催したUnpackedイベントで明らかにした。これに先立ち、Appleが2023年に同社初のVRヘッドセットを発表する可能性があると報じられていた。

Gear VRヘッドセット
サムスンが2015年に発売した「Gear VR」ヘッドセット
提供:Sarah Tew/CNET

 Qualcommの最高経営責任者(CEO)であるCristiano Amon氏とGoogleの「Android」担当シニアバイスプレジデントのHiroshi Lockheimer氏も壇上に姿を見せて、この協業を共同発表した。

 サムスンは、何らかの具体的な製品を開発中かどうかには触れなかった。また、次期MR製品またはサービスの開発スケジュールも明らかにしなかった。

 「これは、XRエコシステムの構築にあたっていかにして正しく道筋を立てるつもりであるかを示す、どちらかといえば宣言的な発表だ」と、サムスンのモバイル部門責任者であるTM Roh氏は、イベントの前に行われた米CNETとのインタビューで、通訳者を通して述べた。

 Lockheimer氏は壇上で、「Googleは、ARとVRのエクスペリエンスと技術の両方に長年にわたって投資してきた」と語った。「この次世代のエクスペリエンスを提供するには、最先端の高度なハードウェアとソフトウェアが必要だ。サムスンとQualcommとの当社の協業が、非常に興味深い理由はそこにある」(同氏)

 MRは、ARとVRの性質を融合した技術を表現するための総称的な用語だ。ARとは、「Google Glass」のように、映像をユーザーの周囲の環境に重ねて表示することによって、現実世界にソフトウェアを融合するもの。一方、VRは「Meta Quest 2」のように、360度の仮想世界に装着者を没入させるものだ。

 しかし、VRヘッドセットの新たな波は、パススルーカメラによってMRをさらに進化させている。それは、VRとARの技術を1つの製品ラインに融合することを可能にする手法だ。MetaのQuest 2と「Quest Pro」や、まもなく発売予定の「VIVE XR Elite」の各ヘッドセットではこれが可能だ。期待されているAppleのヘッドセットにも、これと同じ概念が取り入れられるかもしれない。

 今回の発表の背景に、VR、AR、MRに対する関心が高まっていることがある。Bloombergによると、AppleはMRヘッドセットを2023年にリリースする見込みで、価格は3000ドル(約39万円)になる可能性があるという。ソニーの「PlayStation VR2」は2月に発売予定だ。Googleは2022年の「Google I/O」で、言語翻訳を目的とした新しいARグラスを先行披露していた。Metaの「Quest 3」は、2023年末までに登場する予定だ。

 サムスンは、2015年と2017年の間に何度か発売したVRヘッドセットの「Gear VR」を除くと、VRに関してはこれまで目立った動きはなかった。Gear VRは、スマートフォンに接続してVRを体験する頭部装着型のデバイスだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]